夏季休業期間のお知らせ

お客様
協力業者様 各位

平素より格別のお引き立てを賜り御礼申し上げます。
さて、誠に勝手ではございますが、夏季休業日を下記のとおりとさせていただきます。FAXやメール等で休業期間中にいただいたお問い合わせに関するご返答は令和3年8月16 日(月)以降に順次対応いたします。

夏季休業日:令和3年8月13日(金)、14日(土)、15日(日)

休業期間中はご迷惑をおかけすることとなりますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

写真は当社設計施工事例「畑仕事を楽しむ土間のある家」

工場小屋組みと屋根下地完成

下仁田町の「太陽で床暖房する家」では隣接する工場の建て方を行い屋根下地が完了しました。屋根の下地は耐震を考え屋根構面の強い構造用合板を使用しています。

工場の奥行は4間(7.28m)で柱を立てずに開放的に利用できるよう小屋組みは洋小屋としております。

上の写真は北側に2間のシャッターが着く場所です。陸梁がのるところは補強梁を入れています。

軒裏は垂木あらわしになりますので杉板仕上げにしています。

道路から見て手前に工場となりますので予算内におさえながらも見える部分に気を使い、木を使った経年変化が楽しめる建築にしたいと強く思います。

下山勇志

洋小屋(トラス構造)

下仁田町の「太陽で床暖房する家」では隣接する工場の建て方に入りました。私は打合せがあり現場に行けていませんが写真が届きましたのでご紹介したいと思います。

小屋組の形式は大きく分けて「和小屋」と「洋小屋」があります。いつもは和小屋ですが、今回は柱を中央に立てずに奥行4間の間をつくるため、洋小屋を採用しました。

洋小屋は合掌・束・斜材・陸梁でトラスを構成しています。
工場や施設等に最適なつくりです。

木組みと金物補強のバランスが取れていて美しいですね。

作業場、乾燥場、工場、施設等の非住宅も当社にお任せください!
屋根完成が楽しみですね。

下山勇志

住宅相談会のご案内

住宅相談会を下記日程で開催します。これまでの施工事例のご紹介や資金計画、土地のご相談も承ります。お気軽にご参加ください。

【開催概要】
日時:令和3年7月23日(金)、24日(土)、25日(日)午前の部10:00~、午後の部14:00~
場所:ケイハウス高崎事務所(高崎市上中居町1812)
申込方法:電話又はお問い合わせフォームにてお申込みください。(予約制)

住宅相談会は終了しました。ご参加いただいた皆様誠にありがとうございました。次回完成見学会は9月上旬を予定しております。その際はぜひお出掛けください。

電話:027-386-5955(高崎支店)
お問い合わせフォームはこちら

富岡市曽木分譲地の価格を見直しました!

南西角地A区画(2021年7月20日撮影)
南道路のC区画(2021年7月20日撮影)
分譲地全体写真(2021年7月20日撮影)

当社にて扱っている群馬県富岡市曽木の分譲地の物件価格を見直しましたのでご案内いたします。

閑静で陽当り良好な立地で自分らしい暮らしをしませんか?
スーパーフレッセイ富岡店まで850m、富小・東中区域です。
土地の広さはすべての区画70坪以上でお庭も広く取れます!

建築条件は無しで給水、都市ガス引込済みの物件です。

当社にて住宅建築の場合はさらに土地価格はご相談させていただきます。
お気軽にご相談ください!

物件チラシ
区画図と坪数、価格表

詳しい物件概要は下記のアットホームをご参照ください!

アットホーム物件サイト

以上

外壁下塗り中塗り完了

梅雨時期でジメジメした天気が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。下仁田町「あじさい園を望む囲いの家」では外壁の下葺きから下塗り、中塗りまで完了しました。残すは仕上げのみとなります。

上写真は下葺きが完了した時のものです。新しい下葺き材を採用しました。

下塗りをして十分な養生期間を経て中塗りまで完了した外観写真です。湿度の高い時期ですのでゆっくり乾燥し強度が増します。

上写真はラス網の状態から中塗りまで施工した様子。中塗りにおいてひび割れ防止にガラスのメッシュをいれてます。上塗りして完成が今から楽しみです。

下山勇志

下仁田町 あじさい園が見頃を迎えています

下仁田町の玄関口IC付近にある「あじさい園」が見頃を迎えています。写真は私が行ったのではなく上州繭の家推進グループの工務店さんが撮影したものです。たまたま撮影したら当社が設計施工した「子どもが走りまわれる家」が写っていたということで写真を頂きました(^^)

右下の太陽光発電を搭載したお家です。Hさんありがとうございました^_^

下山勇志

梅雨時期の造作工事

本日は下仁田町「あじさい園を望む囲いの家」の現場へ。住まい手さんとタイルや洗面台カウンター色などの打ち合わせを行いました。UBが入ったので一緒に現場へ行き完成したUBをご覧いただきました。

現場では大工さんが幅木を施工しております。壁はメインの居間以外の居室はモイス(内装用)の仕上げになります。モイスとは天然素材でつくられた新建材で調湿効果、消臭効果、結露防止、防火性、静電気やホコリをよせつけない等の特徴があり粉末にすれば肥料になる素材です。
私が知っている限り漆喰に一番近い素材ではないでしょうか。仕上げ材として貼りますが下地にもなるのでその上にさらに漆喰塗りなどDIYも可能です。

丁寧に施工しています。
モイスは6㎜厚ですので下地を細かくいれます。

これから施工に入りますが仕上りが今から楽しみですね。

さてこちらは同じく下仁田町で施工中の「太陽で床暖房する家」です。外壁は1階部分まで施工できました。あともう少しですね。

中では大工さんが階段の手刻みに入っています。写真は階段の踏み板を入れる側板のホゾ穴を掘っているところです。近年ではプレカットで加工するところも多いと聞きますが当社では現場で手加工をしています。

プレカット機械で加工し現場でおさめるのと違い、手加工は手間がかかりますが大工さんの手で一からつくられた階段は仕上りが違います。ぜひその違いを完成見学会で確かめてください。

下山勇志

外壁板貼り

下仁田町にて着工中の「太陽で床暖房する家」では外壁仕上げ工事に入りました。外壁は敷地周辺の景観や素材、持続可能な修繕を考え杉の板貼りを採用しました。

杉本来の色見を残したいので濃い色の防腐剤は塗装せずクリアとしています。色は徐々に変わっていきますが登り梁や軒裏と共に経年美化を楽しめます。

板貼りの良さはいつの時代にも素材があることです。例えば一枚の板が割れたり腐食したりすればその一枚だけを交換することができます。ステンレスのビス止めで施工していますので交換もしやすいのです。

また重量が軽いので耐震性に優れていて断熱性能が高いのもメリットです。デメリットは自然素材の為、反りや割れが生じます。しかし少々の雨水侵入があっても透湿防水シートの下葺きがしっかり施工されてますので問題ありません。通気胴縁(縦の木)の中ですぐに乾いてしまいます。

北の一面が貼れた写真です。現場から写真を届けてもらいました(^^)
縦張りも好きですが横張りもきれいですね。

隣地のお宅も外壁の板貼りを採用していて経年美化されていました。太陽で床暖房する家も時間の経過と共に美しく色が変わっていけば良いなーと願いながら今日も丁寧に施工していきます。

下山勇志

下仁田町家づくり支援事業のご案内

下仁田町では群馬県産木材の需要拡大を図るために「ぐんま優良木材」を使用した住宅を新築する方へ予算の範囲内で補助金が交付されます。下仁田町にて新築住宅をご検討の方はこの機会にぜひご利用ください。

交付要件は下記となっています。

■交付要件
1.下仁田町内に自己居住用の専用住宅を新築すること。
2.構造材の60%以上に「ぐんま優良木材」を使用した木造一戸建て住宅であること。
3.住宅の延べ床面積が80㎡以上280㎡未満であること。
4.県内に事業所のある業者による施工であること。

■補助金額
延べ床面積
・ 80㎡以上132㎡未満 ・・・ 30万円
・132㎡以上280㎡未満 ・・・ 40万円

詳しくは下仁田町のHPをご覧ください。
新築、リノベーション、リフォームのご相談はケイハウスまで!
TEL 0274-82-5369